人気ブログランキング |

☆じん☆「気の向くままに」・・・へなちょこブログ・・・ 

jinchandai.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 30日

我が家の神棚

何故我が家には神棚があるのだろう。
考えたって仕方ないので有難く神様を御祭りしている。

今住んでいる家は私の本当の実家。
父母は田舎へ引っ越したので長男である私が譲り受けた。
サラリーマンの家庭では珍しく神棚がある。何か商売でもやっていれば解るのだが父母は縁起物が大好きで神棚を設けたのをそのまま受け継いだ。神様なので処分など考えでもしたらそれこそバチが当るのでずう~っと付き合っていく運命だ。少なくとも私の代までは。

毎年12月30日は神棚の大掃除と近所の神社で今年お世話になった神様のお札収めとこれからお世話になる新しい神様のお札をお迎えをしてから新年を迎えるのが我が家のしきたりとなってる。

今年も立派に上手に出来た。これで安心して新年を迎えられそうだ。
ちなみに我が家の神棚のしめ縄は四尺あってかなり大きくて本格的だ。
初めて我が家に来た人は狭い家に不釣合いなこの大きな神棚に驚いている。

これが我が家の神棚。
e0098619_15374821.jpg

近所の神社。午前中、早い時間に出かけたので気持ちいい朝を迎えられた。
e0098619_15382843.jpge0098619_15384995.jpg
お札納め所に達磨が三つ。大きいのと中くらいの。そして間にポツンと小さいダルマさん。
今年一年見守ってきたのだろうか。目玉が二つちゃんと入っているのできっと大願成就できたのだろう。
e0098619_1539385.jpg

D50+45mmF2.8P

by jinchandaisuke | 2006-12-30 15:54 | スナップ
2006年 12月 29日

2006年。我が家の出来事。

振り返ってみると今年は例年になく大事が重なり忙しい一年でした。
まずは第1位から第5位まで、
私(親父)が選んだ「2006年 心に残る我が家の出来事」の発表です。

【第1位】
父の逝去。
父は定年退職後60歳を過ぎてから車の運転免許証を取り、とても元気に車を運転していましたが終に癌に侵されました。去年の秋に手術を受け一時は元気な姿を見せていたのですが夏頃から入退院を繰り返すようになり初秋の彼岸に息を引き取りました。76歳でした。

【第2位】
念願のとっても嬉しい我が家のリフォーム。
3月からリフォーム会社と打合せを重ね、途中2ヶ月ほど出張へ。帰ってくるなりすぐ引越しで休む暇も無かった。工事期間は7月中旬~8月末。夏休みの間リフォーム工事中は家内の実家でお世話になり9月初めの土日にまた引越し。引越しても残工事があって一週間くらいはみんなで雑魚寝。お蔭様で素晴らしい家が出来ました。息子と娘に自分の部屋を、家内には嫁入り道具だった化粧台が10ん年ぶり?に復活しました。だんだん部屋が狭くなってきて物置の奥に追いやられていた化粧台です。そして私(親父)にはロフトの片隅、書斎というか秘密基地が、やっと親父にも一人で居られる場所が出来て本当に嬉しい。

【第3位】
父の入院・葬儀と49日法要。
出張から帰るなりリフォーム工事の為すぐ引越し。家内の実家で世話になっている間、今度は父が入院。週末の度に父の見舞いと我が家のリフォームチェックに職人さんとの打合せ。父も一時退院しリフォームも終わってやっと我が家に帰ってきたと思ったら父の再入院。そして週末の見舞いを繰り返すうちに父は亡くなった。悲しんでいるのも束の間、母も高齢のため私が喪主を務めることに。葬儀の段取りやお寺への挨拶、親戚、近所への連絡等、そして都会と違い田舎のため葬儀のしきたり?流儀も違うし、母の弟(叔父)に任せて仕切ってもらって何とか収まった。初七日から七七日(49日)まではちょうど上手い具合に日曜日。父が段取りしてくれたのだろうと毎週墓参りに出かけた。そして、49日法要は親戚一同集まるなか交通渋滞に巻き込まれ喪主である私一家だけ遅刻。お寺の住職さんのご配慮で参列の皆様に長い時間待って戴いて申し訳ありませんでした。そして、本当にありがとうございました。

【第4位】
息子の中学卒業と高校入学。
中高一貫校なので何も心配はして無かったがもうこれで義務教育も終わりかと思うとなにか感慨深いものを感じる。今度は大学受験が待っているので息子にはがんばって欲しい。

【第5位】
父のルーツと知られざる秘密が!?
父が亡くなり各種手続きの為、書類を取りに役所に行く機会がめっきり増えた。出生から亡くなるまでの戸籍を全て集めることになり知られざる事実が。なんと父は10歳まで日本国籍が無く無国籍だったのだ。ブラジルで生まれて日本に帰ってきた時は言葉が解らなくて苦労した話は聞いていたが国籍のことは何も聞いていなかったのでさすがに驚いた。それに、ブラジルから帰国した時は大阪市阿倍野区に住んでいたことも判明。ずっと関東在住かと思っていたのにこれまたびっくり。戸籍を取るのにわざわざ大阪へ行く訳にはいかないので郵送手続きとなり少し手間取った。

次は第6位以下の発表。って云うか。
「2006年 お気に入りな親父の出来事 ベスト10」かな。
ここからはちょっと私(親父)の趣味がほとんどなので、我が家の皆には申し訳ない。

【№1】リフォームで親父の書斎(秘密基地?)が出来たこと。
【№2】ちょっとだけやせて秋の健康診断結果が良かった。
    BMI判定は肥満から正常に戻り、血液検査の数値は改善し、禁酒のすすめも解除。
    それだけ忙しく身体を使ったってことかな?
【№3】結婚以来18年。初めて自分だけの占有口座(セブン銀行)が持てたこと。
    なんとここまでの道のりが長かったことか。とっても嬉しい。
【№4】D50+18-55
【№5】祝ブログ開設。価格.comとの出逢い。
【№6】SIGMA18-200、35mmF2D、Micro60mmF2.8D、45mmF2.8P
【№7】Nikon S5 家内が懸賞で貰った。結局、娘が使ってます。
【№8】会社から表彰され記念品の壁掛け時計を頂戴する。
【№9】誤って洗濯したウォークマンの完全復活。
【№10】最後にしましたが(本当は1番)
     今年も一年、家族みんな一緒に元気に楽しく暮らせたこと。
     これからもずっと、家族健康、家庭円満、家内安全、交通安全、を願っています。

2006年                                 2007年
戌さん。いままでありがとう。   → バトンタッチで →    次は亥さん。よろしくね。
e0098619_18215192.jpge0098619_1822253.jpg
D50+Micro Nikkor 60mmF2.8D
   

by jinchandaisuke | 2006-12-29 18:08 | ひとり言
2006年 12月 27日

ランタナ

季節に関係なく何処にでも見かける小さな洋風アジサイのように思っていましたがよくよく調べてみるとランタナと云う花です。
花の咲く時期は通常5~11月のようですが温暖化の影響でしょうか家の近所でもまだ普通に咲いているのを見かけます。
小花が沢山集まって球状に咲く非耐寒性の常緑低木で、咲き始めてから徐々に黄色→橙→赤→ピンクと色が変わるので別名、七変化と呼ばれます。
e0098619_20423854.jpg
e0098619_20424945.jpg
e0098619_20425725.jpg

マクロレンズを持っていけば良かったのですがパンケーキの試写も兼ねていたのでこの大きさが限界です。もう少し寄れるといいんですが仕方ないですね。
D50+45mmF2.8P

by jinchandaisuke | 2006-12-27 20:44 |
2006年 12月 26日

葉っぱ三兄弟

おもしろい形をした1枚の大きな葉っぱを見つけた。
梶の葉だろうか。いろいろと調べてみたがこの形は見当たらない。
近所を散歩中に偶然見つけたこの葉っぱ。ひとり寂しくポツンといたので妙に気になり呼び止められたような気がした。そして会話をするかのようにレンズを向けたのがこの1枚。
朽ちる前に全力で最後の素敵な姿を見せてくれたこの葉っぱに感謝の気持ちを込めて写し撮りました。
e0098619_929037.jpg

街角で赤い壁に伝っている蔦(つた)を見つけた。
暖かい日差しをいっぱい受けた緑の葉っぱは背景の赤い壁(正確には赤茶色)とのコントラストに鮮烈な存在感を感じた。
e0098619_9304560.jpg

モンステラ、鳳莱蕉(ほうらいしょう)と云うらしい。
近所を散歩中に見つけたものだが英語で書くと(Monstera, Windowleaf)と呼ぶ。その名の通りビルの窓際の飾りなどでもよく見かける観葉植物だ。 とにかくでっかい葉っぱでビリビリに破れたようにも見えるのもおもしろい。
e0098619_9314960.jpg

D50+45mmF2.8P

by jinchandaisuke | 2006-12-26 09:34 |
2006年 12月 25日

ピラカンサス

Xmasのこの時期、枝もたわわにこぼれんばかりの赤い小さな実を綺麗につけます。
橙、黄色の実もあるようです。
ピラカンサス(Pyracanthas)、橘擬(たちばなもどき)、常盤山櫨子(ときわさんざし)とも云います。南天(なんてん)と見分けが難しいです。初夏に木全体が真っ白に見えるほどたくさん白い小さな五弁花を咲かせます。バラ科なので枝には刺があります。
e0098619_21391320.jpg

D50+45mmF2.8P

by jinchandaisuke | 2006-12-25 21:33 |
2006年 12月 24日

とりあえずクリスマス

今日はクリスマスイブですねえ。ちょっとXmasっぽい写真を・・・(^^♪
我が家のクリスマスは家族みんなでステーキ屋さんへ食事に行ってきました。
と云ってもファミレスですが。家に帰って、次に昼間買ってきたクリスマスケーキをみんなで食べました。そんな普通のクリスマスです。
e0098619_23342988.jpg
e0098619_23343812.jpg

D50+45mmF2.8P

by jinchandaisuke | 2006-12-24 23:28 | スナップ
2006年 12月 24日

クリスマス舞踏会

e0098619_1244761.jpg12月23日は「クリスマス舞踏会」
我が家では毎年恒例になっている娘のバレエ発表会だ。
発表会の後、家族みんなで新橋の居酒屋で食事をするのもまたみんなの楽しみ。
息子も娘もまだ未成年だが居酒屋は大好きだ。


バレエの写真はチョッと無理ですが、新橋駅前のC11もXmasバージョンになって多くの人で賑わっていました。夜景はあまり得意じゃないっていうか、ほとんど撮ったことがないのですがお恥ずかしい。・・^^;
e0098619_125398.jpg


e0098619_1251347.jpge0098619_1252383.jpg


D50+35mmF2D ISO800 絞り優先オートF2.0開放 全て手持ち撮影

by jinchandaisuke | 2006-12-24 12:17 | スナップ
2006年 12月 22日

冬至

今日は冬至。誰~もが♪み~んな♪知~っている♪月光仮面のおじさんじゃなくて・・・
違うってば。(^^ゞ  今日は一年中で昼が一番短く、夜が一番長い日。知ってるでしょ。
でも、以外と知らないのが日の入り時間は一番早くはないということ。一番早い時期は冬至の一週間位前でもう過ぎている。逆に日の出の時間はこれからもっと遅くなって元旦から1月半ば頃までが一番遅くて東京では朝7時近くにならないと日は昇らない。
朝、起きるのが辛くなる訳です。

さてと「ゆず湯」に入って、ビールでも飲みながら「かぼちゃの煮付け」でも食べるか。
この写真、全然関係ないけど、何にも無いと寂しいので。(^^♪
e0098619_18323614.jpg

この写真は銀杏の落ち葉といっしょに撮ってきたのもので自分的に好きなので。
D50+Micro Nikkor 60mmF2.8D

by jinchandaisuke | 2006-12-22 18:35 | スナップ
2006年 12月 21日

八手(やつで)

近所の軒先で八手(やつで)を見つけた。
葉が掌のように切れているので、八手と呼ばれます。
別名「天狗の羽団扇」(てんぐのはうちわ)と云って、昔の人はこの馬鹿デッカイ葉っぱで仰ぐと魔物を追い払う力があると考え魔除けとして家の軒先に植えました。
昔の人はとっても創造力豊かだったんですね。
e0098619_20363295.jpge0098619_20365011.jpg










e0098619_2037268.jpg

私には、ぱっと見た目で八手の花はまるでゴルフボールかブロッコリーのように見えます。
この小さく可愛いたくさんのひとつひとつの花達が円く四方八方に広がって遠くから見るのでそのように見えるんでしょうね。

D50+Micro Nikkor 60mmF2.8D

by jinchandaisuke | 2006-12-21 20:34 |
2006年 12月 20日

年末ジャンボ宝くじ

年末ジャンボ宝くじ
e0098619_18223268.jpgロト6を買うようになって、ここ何年かジャンボ宝くじは買ったことがなかったのですが最終日の今日。大安吉日の登りと人だかりに肩を押されて久々に買ってきました。でも理由はそれだけじゃなくて、今朝いい夢を見たんです。夢の内容はここでは秘密ですが家内に話をしたら「宝くじ買うっきゃないよ。」という話になって買いました。

宝くじは棚に並べてあって好きな番号を選ぶようになっていました。
ここは末広がりで「八番ください」と、私の元にやって来た宝くじがこれ。
77組。ラッキー7の連番だ。いい番号じゃん。
末広がりの八番でラッキー7の連番と2回続けてきたら・・・ 3度目の正直っ(^^♪
次は・・・大晦日の抽選日がとっても楽しみです。いい夢を見られると好いのですが・・・。

by jinchandaisuke | 2006-12-20 18:21 | ひとり言