タグ:M42 ( 7 ) タグの人気記事


2007年 01月 24日

ジャンク品

ジャンク品のAUTO-TAKUMAER 55/2 を手に入れた。珍しい半自動絞りの変り種レンズだ。
レバーを下げ絞り開放にセットしてからピント合わせをする。シャッターに連動して後玉付近の突起ピンが押されるとレンズに内臓されているばねの力で絞りが自動的に閉まる仕掛けになっている。店主はS2のボディ付きで1Kと掲示してくれたがボディには興味がなかったので玉のみ0.8Kで手に入れた。
e0098619_23343414.jpg

しかし、あとから考えると0.2Kの差だったらキャップ代わりにボディがあってもいいかなと思えてきた。そして昨日に続きまた今日も、いつものカメラ屋へ立ち寄った。何度も通っているので好い加減店主とも顔馴染みになっていろいろと話が出来て面白い。
e0098619_2335997.jpg

e0098619_23352965.jpg

今日は昨日買ったレンズのボディを迎えにきたはずなのに何故かジャンク品のPENTAX S2 55/2付を1Kで入手。レンズはフィルターねじの淵が曲がって変形しているしちょっと汚いので試しに分解して清掃するつもりだ。
ボディは撮影不能。ダハミラーが上がったままでファインダーを覗いても何も見えない。指を引っ掛けてミラーを下ろすと見えるようになったがシャッターを切るとまた同じなのでミラーを下ろしたら最後シャッターは切れない。まあ、机周りや部屋のアクセサリーにでもするか。
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-24 23:31 | カメラ
2007年 01月 16日

ちぃーちゃん

シュナウザーのちぃーちゃん。田舎の母と散歩中。
今は寒いので床屋さんにはいかず体毛は伸び放題。
チキチキマシンのケンケンみたい。この写真では解り辛いかな。
e0098619_2050484.jpg

D50+Super-Takumar 135mmF3.5
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-16 20:49 | 動物、ペット
2007年 01月 15日

金柑(きんかん)

金柑(きんかん) 原産地は中国
中国の商船が遠州灘(静岡県沖)で遭難して清水港に寄った際、船員が助けてくれたお礼にと地元の人に砂糖漬けの金柑果実をプレゼントした事からその種が日本中に広まったとされる。
私は甘く煮付けた金柑が大好きです。また、のど飴も美味しいですよね。
e0098619_23381861.jpg
e0098619_23384122.jpg

D50+Super-Takumar 135mmF3.5
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-15 23:35 |
2007年 01月 14日

Super-Takumar 135mmF3.5の味

M42で撮ってきました。
今回はSuper-Takumar 135mmF3.5 望遠MANUはちょっと辛い。
しかも手持ちなのでピント合わせには余計気を使いました。
でもこのレンズでもフォーカスエイドが効くので助かります。
135mmの単焦点は被写体を選びます。田舎の植木を撮ってきました。
この樹らしい良い雰囲気を模写することができました。
このレンズのお陰で良い写真が残せました。

ところで、この渋い写りの樹の名前を知っていれば誰か教えて欲しいのですが。元は盆栽だった樹で今は庭先に植え替えてあります。この写真では解りませんが高さ40cm程の低い樹です。田舎の母にも聴いたのですが解らないので・・・。

e0098619_9493279.jpg

銀に輝く猫じゃらし。(=^・^=)
まあ良くある絵ですが猫じゃらしもこうして見るといいですね。これも好きな写真です。
e0098619_9495063.jpg

D50+Super-Takumar 135mmF3.5
完全NANU撮影 ISO200 SS:1/1000 絞り:開放から1~2段絞った程度かな。
試行錯誤しましたので正確には覚えてないです。
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-14 10:21 | スナップ
2007年 01月 08日

絵馬・・・SMC TAKUMAR 55mmF1.8の味・・・

近所の神社で著名人の絵馬を展示していたので日中撮影に行ってきた。
このレンズではMF、露出共に全てMANU撮影となる。MFはフォーカスエイドが作動するので慣れれば問題ない。露出は撮影毎にヒストグラムで確認し気に入った絵が出るまで撮っては確認、消してはまた撮るを繰り返す。でも慣れてくると簡単に適正露出はすぐに見つかる。
まずは狛犬を写す。
剃刀みたいに鋭くシャープな写りをしているが背景はまたいい感じでボケている。
e0098619_1505256.jpg

つづいて絵馬を・・・・陽の当っている処と当っていない処、絵の濃淡が奇麗に表現されて奥行きがあり背景のボケ味が何とも云えずたまらない。このレンズ、とても素敵な模写をしてくれる。35F2Dと同じか。いや条件によってはそれ以上の写りかも知れない。レンズの良し悪しはどうやら購入価格とは関係ないようだ。
e0098619_151022.jpg
e0098619_151932.jpg

せっかくなので著名人の絵馬を・・・。もちろんすべて自筆で世界にこれだけ。
ちばてつやさんの「あしたのジョー」など絵馬の展示が終わったあとはオークシュンで落札されるようなので一応ダメモトで応募してきた。「あしたのジョー」欲しいなあ。
e0098619_1511856.jpg
e0098619_1512614.jpg
e0098619_1513317.jpg
e0098619_1532429.jpg

このレンズとってもよく写るのは解ったが残念なことに撮影距離の範囲が限られている。
無限遠はダメなのは解っていたが、実際には0.6m~2m位の範囲でしか合焦しない。
もともとNikonはフランジバックが長いからだ。今使っているマウントアダプターのフランジ厚さは2mm程あるからフランジバックは更に長くなる。結果、かなり狭い撮影範囲となってしまっている。近代インターナショナル等ちょっと価格の高いマウントアダプターだとフランジ厚さは薄く作ってあるので多少は改善されているのかも知れない。フランジバック1.5mmの差がどう影響するのかは解らないがレンズの制約は身に沁みて理解できた。
しかし、35mmも入手したがこれにはまいった。撮影範囲が狭すぎる。少しいじっただけだがあまり実用的ではない。0.5m~あっても1m位か、使用可能なシチュエーションが見つからない。NikonでM42広角レンズは使えないと思っていいだろう。
Nikonで使えるM42レンズは標準からちょい望遠系が使いやすいのかも知れない。
135mmもいたずらしたが自分的には扱える限界だと思う。
e0098619_1533113.jpg

全てD50+SMC TAKUMAR 55mmF1.8 MANU撮影 ノーフラッシュ
試行錯誤して撮ってきたので撮影条件はいちいち覚えて無いのでご容赦を。
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-08 14:58 | スナップ
2007年 01月 07日

M42(つづき)

Super Takumar 35mm F3.5 M42 と同じく135mm F3.5を先日に続き2本まとめて安く手に入れた。
これでM42は55/F1.8、35/F3.5、135/F3.5と定番3本揃い踏みだ。
さっきネットで確認したら〆て¥19.4Kだった。本当、ネット通販で買わなくて良かった。
別に運送費、手数料も取られるし、やっぱ暮れから何回か足を運こんだお陰で店主とも仲良くなれて負けて貰って〆て¥12K也。
これじゃあ新品は買えないし、あと+¥5KでAiAF50/1.8Dといったところだろう。
新年早々いい買い物をした。これでもう当分レンズはいいや。
e0098619_0174666.jpg
e0098619_0175650.jpg
e0098619_018458.jpg
e0098619_0181546.jpg

[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-07 00:08 | カメラ
2007年 01月 06日

M42

M42マウントアダプター 税込¥2.000-
暮れに、豊富な古いレンズが使えるし値段も手頃なのでつい買ってしまった。通りがかりの露店や質屋などでたまにジャンク品のM42レンズを見かけることがあるので楽しみが増えた。
なんだか訳の解からない○×△※□のレンズ等、格安で手に入りそうな予感。
左:Nikon用M42マウントアダプター ちょっとピンボケ。(^^ゞ
右:暮れに立ち寄ったカメラ屋で衝動買いしてしまったAiAF35-80 ¥6.5K
e0098619_1111468.jpg

暮れに見つけたカメラ屋でSMC TAKUMER 55mm F1.8 M42 を安く手に入れた。
程度も良くレンズには特に目立ったゴミも無い。
当初レンズ後玉付近の突起ピンを押さないと絞りが利かないので開放専用になってしまうので如何した物かと悩んでいたが何のことは無い。絞りAUTO/MANU 切替がついている。
AUTOでは 突起ピンが機能し、MANUでは突起ピンに関係なく絞り羽根が作動する。ピント合わせはAUTOで行いシャッターを切る前にMANUにすれば良い。それにフォーカスエイドが作動するのには驚いた。カメラ本体のみで機能するようで特にレンズは選ばないようだ。ただし、確かF3.5以下だったかな?という制限はあるようなので注意する必要がある。でも絞った状態でもフォーカスエイドは働いた。たぶん開放F3.5以下のレンズであれば絞っても問題ないのかも知れない。

手前:絞りAUTO/MANU 切替。 右下奥:自動絞りの突起ピンがある。
e0098619_11492730.jpg

マウントアダプターと本来のM42レンズ後玉
e0098619_11495664.jpg

早速撮影してみた。露出計はまったく機能しないのでMANU撮影となる。夜の室内なのでいきなりフラッシュ撮影となった。とりあえずSS:1/60 F1.8 でシャッターを切る。フラッシュ発光せずシャッターが切れない。設定を確認するとフラッシュがTTL測光となっていたのでMANU(設定1/2)にすると今度は撮れた。でも真っ白。自分で露出を設定しないといけない。
F1.8のままSS:1/125、SS:250と試したが結果は同じ。今度はSS:1/80 F16 で写すとなんか良くなってきたがちよっと暗いのでSS:1/80 F8 で撮影。素晴らしく綺麗に写すことができた。AF全自動撮影と遜色のない写りに感動した。
e0098619_11244243.jpg

デジカメなのでいろいろと設定を変えて撮れるので出来上がった写真をその場で確認しながら適正な露出を見つけるのも愉しい。でも夜の室内撮影だったので液晶表示も見易いが日中屋外撮影では液晶表示も反射して見辛いので大変かも知れない。あとヒストグラムや白飛び確認ができるので有効に活用すればいいだろう。別に露出計を入手しないとダメかなあと思っていたがいろいろと勉強にもなるし当面はこの方法で楽しめそうだ。
それからNikon の場合、フランジバックがちょっと長いのでM42レンズは無限遠には合焦しない。レンズに刻んである距離目盛の範囲内での撮影となってしまう。
e0098619_1119891.jpg

e0098619_11194193.jpg

と、まあいろいろと制約のあるM42だがいろんなレンズが使えるし値段は安いし高いものは買えないけど、昔流行っていた切手集めではないがレンズコレクションとしての楽しみ方も出来る。カメラ屋の店主とも仲良くなりそうだしM42もまだ埋もれていそうなのでまた物色しに行ってみよう。さては、いよいよ来たかレンズ沼。ただし、安物中古だけどね。
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-06 11:16 | カメラ