☆じん☆「気の向くままに」・・・へなちょこブログ・・・ 

jinchandai.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

ツグミ

この子も同じく川蝉を待っている間に姿を現しました。ツグミです。
枯れ芝の上を警戒しながらちょっと進んでは立ち止まりを何度も繰り返していました。
餌でも探していたんでしょうかね。
池のカモメが急に騒ぎ出すと逃げ出すように飛んでいきました。
e0098619_2174653.jpg
e0098619_2175528.jpg

D50+SIGMA70-300非APO 手持ち撮影
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-31 21:05 | 野鳥
2007年 01月 30日

ヒヨドリ

川蝉を待っている間に他の鳥達もやって来ました。
よく見かける鳥ですが後で調べるとヒヨドリでした。名前と実際のヒヨドリがはじめて一致して「あ、これがヒヨドリなんだ。」と解かったらなんか鳥の撮影も楽しくなってきました♪
花撮り。鳥撮り。花鳥風月とはよく云いますがだんだん撮影のバリエーションが増えて行く。
写真って本当に楽しいな。
e0098619_18283178.jpg
e0098619_1828405.jpg

D50+SIGMA70-300非APO 300mm端で正真正銘、本当に手持ち撮影です。
三脚、クッション、肩寄せ、何もしていません。自分で云うのもなんですが正に人間三脚です。
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-30 18:21 | 野鳥
2007年 01月 28日

川蝉(かわせみ)

昨日のリベンジで今日も朝早くから三ツ池公園に出かけた。
本日の撮影時間は朝8時~11時半まで昼からは娘と約束があるので午前中勝負。
川蝉(かわせみ)ポイントは解っている。昨日の川蝉おじさんは居なかった。朝8時~9時までカメラを構え待機していたが川蝉は姿を現さない。今日はやたらカモメが多い。餌やりをする人がいるので本来の水鳥や川蝉がきらってしまう。
仕方ないので落ち着くまで花撮りで時間を潰した。一時間ほどして川蝉ポイントへ戻ると昨日の川蝉おじさんが機材を設置して待機していた。
「おはようございます。今日はどうですか。」の問いかけにニコニコ顔で「もう一枚撮ったよ。今日は遅かったね。きっと、またくるから」の返事に期待を膨らませ待つこと数分「ほら来た。」

やった~(^^♪ 川蝉(かわせみ)です。トリミングしています。
e0098619_16394152.jpg

こちらは、原寸。300mm(450mm)でもちょっとまだ遠いです。
e0098619_16395663.jpg

正面むいてくれました。(トリミング)
e0098619_1640656.jpg

同、原寸。
e0098619_16401472.jpg

今度は後ろから(トリミング)
e0098619_16403262.jpg

同、原寸。
e0098619_16404292.jpg

最後に撮影機材です。D50+SIGMA70-300非APO
全ての写真は手すりにクッションを置きカメラを構えて撮影しました。
e0098619_16404919.jpg

川蝉撮影は300mmでもまだ遠いので中間リングのテレプラスが欲しくなった。
川蝉おじさんがテレプラス教えてくれたので次回はテレプラス付きで再挑戦しようと思う。

本当、今日も楽しい一日でした。
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-28 16:37 | 野鳥
2007年 01月 27日

冬の水鳥

ここ2週間程、土日の度にお天気が悪くてどこにも出かけられずにいたので写真を撮りたくて撮りたくてうずうずしていた。
仕方ないのでカメラの写真などアップしていたが今日は久々のいい天気♪嬉しくなっちゃう。
さっそく朝早くから近所の三ツ池公園へ出かけた。
実はSIGMA70-300非APOをゲットしたので望遠といったらもう鳥しか撮るものがないでしょ。と思いつついざ出陣。

まずは定番のカルガモ。カワイイですね。
e0098619_143977.jpg

e0098619_16133150.jpg

何か獲物を狙っています。
e0098619_1435961.jpg

そして、キンクロハジロ 公園の案内板に書いてありました。
e0098619_1442281.jpg

キンクロハジロ ゴレンジャー。って子供の鳥(幼鳥)みたいですね。
e0098619_1443299.jpg

真ん中はたぶんカイツブリ。 手前はコガモかな。 朝早かったので鳥たちも食事中のようでみんな池の中を覗き込んでクチバシで何か突付いていました。
e0098619_145821.jpg

水鳥ではありませんが・・・名前は知りません。機会があれば調べて見ます。
e0098619_1452541.jpg

最後にもう一枚。ちょっと大型の鳥です。クロサギかな?違ったかなカワウみたいですね。
ちょっと遠かったものでこの写真だけトリミングしています。さすがに300mm望遠となると無限遠のAFは甘いですね。一度AFをはずしてMFで微調整したほうが良いみたいです。
e0098619_14112222.jpg

そして、この機材凄いです。6×7だっけ8、たぶん大型のブローニー版フィルムのカメラです。
三脚にスライドベローズつけて転倒防止対策もばっちりです。
既に置きピンされています。カワセミ狙いだそうです。
しっかし、早朝の三ツ池って鳥写真とっている人たくさんいるんですね。全然知りませんでした。あちらこちらに大砲カメラが置きピンで仕掛けてあってみんな寒そうに待機していました。
私もいっしょにカワセミ狙ったんですが、歯医者に行く時間が迫ってしまい残念ながら撤収してしまいました。撮影ポイントも解ったし今度また行ってみよ~っと♪
e0098619_1664148.jpg

D50+SIGMA70-300非APO
全て手持ち撮影。って嘘。三脚は使いませんでしたが手すりに100均クッションを置きカメラを構えて撮りました。極めて快適に撮影できます。
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-27 14:00 | 野鳥
2007年 01月 25日

レンズのお掃除

NIKKOR-S Auto 35/2.8 Nikon 難アリ(カビ付き)3.5K をお掃除した。

e0098619_21194265.jpg予めジャンク品のTAKUMAERレンズで分解清掃組立の練習をしていて「これはいける」と自分なりに感触を掴めたし秘密兵器のレンズオープナーも入手したのでいざ本番。戦闘開始した。

左は100均の精密ドライバー
右が秘密兵器レンズオープナー



作業を始めると思っていたより簡単だった。
①後玉レンズの内側にカビが生えていたのでまずは後玉レンズを外す。レンズオープナーは大活躍で簡単に外れた。
②このまま磨けば綺麗になると思って外したレンズはユニットになっていてまだ更に分解しな ければならないことが判明。
③直径15mm程の小さな後玉ユニットにはレンズオープナーが大き過ぎて使えない。仕方なく精密マイナスドライバーを2本使ってレンズ押さえリングを外したがこれも簡単にあっけなく外れた。
④次にレンズが複数枚重なっている上しっかりと密着しているので後玉ユニットをひっくり返しただけでは外れない。精密マイナスドライバーをレンズの淵とガイドリングの間に差し込んで優しく根気よく引掛けてレンズを外した。この作業が一番大変でまあ10分位戦っただろうか。
⑤ばらばらになったレンズは無水エタノールに漬け洗いした。カビはなかなか取れないのでエ タノールで洗う前に台所用品の中性洗剤を綿棒につけて擦ったら綺麗にとれた。
⑥レンズが綺麗になったらあとは元に戻すだけだが、ここからが気を使う。ゴミが入らないようにレンズペーパーで磨いてブロアーで吹いてをコマ目に繰り返しながら組み立てた。
 
写真右の後玉レンズ全周の縁にカビが生えていた。が、すっかり奇麗になった。
e0098619_2125129.jpge0098619_213228.jpg

 ・・・そしてレンズは見違えるように綺麗になった。
 きっと並品いや良品 7.8K位のレンズにはなっただろう。
e0098619_2103973.jpg

本当は分解過程など写真を撮っておけば良かったのだが始めての清掃でそんな余裕がなかった。また今度機会があれば写真解説入りで紹介したいと思う。
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-25 20:54 | カメラ
2007年 01月 24日

ジャンク品

ジャンク品のAUTO-TAKUMAER 55/2 を手に入れた。珍しい半自動絞りの変り種レンズだ。
レバーを下げ絞り開放にセットしてからピント合わせをする。シャッターに連動して後玉付近の突起ピンが押されるとレンズに内臓されているばねの力で絞りが自動的に閉まる仕掛けになっている。店主はS2のボディ付きで1Kと掲示してくれたがボディには興味がなかったので玉のみ0.8Kで手に入れた。
e0098619_23343414.jpg

しかし、あとから考えると0.2Kの差だったらキャップ代わりにボディがあってもいいかなと思えてきた。そして昨日に続きまた今日も、いつものカメラ屋へ立ち寄った。何度も通っているので好い加減店主とも顔馴染みになっていろいろと話が出来て面白い。
e0098619_2335997.jpg

e0098619_23352965.jpg

今日は昨日買ったレンズのボディを迎えにきたはずなのに何故かジャンク品のPENTAX S2 55/2付を1Kで入手。レンズはフィルターねじの淵が曲がって変形しているしちょっと汚いので試しに分解して清掃するつもりだ。
ボディは撮影不能。ダハミラーが上がったままでファインダーを覗いても何も見えない。指を引っ掛けてミラーを下ろすと見えるようになったがシャッターを切るとまた同じなのでミラーを下ろしたら最後シャッターは切れない。まあ、机周りや部屋のアクセサリーにでもするか。
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-24 23:31 | カメラ
2007年 01月 21日

NIKKOR-P・C Auto 1:2.5 f=105mm

今日もあいにくの曇り空。昨日に続きレンズの紹介。
NIKKOR-P・C Auto 1:2.5 f=105mm 518312 Nikon
1959年6月製造開始のNIKKOR-P、1971年2月製造開始のNIKKOR-P(新)を経て
この私の所有するレンズは1973年2月~1975年4月まで製造された。
続けてNEWニッコールとなりAiニッコールとなって1984年4月にマイクロ化されるまでの約25年間に渡りロングセラーを続けてきたレンズだ。
e0098619_17135827.jpg

フードをつけてみた。大袈裟に見えるがカッコイイ。でも外に持って出かけるにはオタクっぽい感じがするのでちょっと照れ臭い気がしてならない。
e0098619_1714667.jpg

かなりの美品でフードまでついていた。かなりのお値打ち品だと思う。
e0098619_17141489.jpg

自宅窓から高圧電線の鉄塔を試写。
ちょうど上手い具合にお日様の残影が鉄塔の裏側にかかっていた。
だいぶ曇っていてモノクロ写真のように見えるがカラー撮影している。念のため。
このレンズ残念なことに最短撮影距離が1mとかなり長い。古いNIKKOR(非Ai)は最短撮影距離が長いので中古レンズ購入の際は十分承知する必要がある。
e0098619_17142211.jpg

D50+NIKKOR-P・C Auto 105mmF2.5
ISO200 SS:1/2500 F8 WB:AUTO MANU手持ち撮影
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-21 17:06 | カメラ
2007年 01月 20日

NIKKOR-H Auto 1:3.5 f=28mm

NIKKOR-H Auto 1:3.5 f=28mm Nippon Kogaku Japan NO.363676
今度はかなり古い。しかも外付き彫刻品でNikonではなくNippon Kogaku
う~ん。早く屋外撮影してみたいがあいにくの雨。
仕方ないのでD50に装着した外観をアップする。カッコイイ。自己満足。
e0098619_18225089.jpg

レンズ外周部の彫刻は初めて見たので自分的には珍しいと思う。
e0098619_18225781.jpg

このレンズ調べてみたら1960年3月~1974年1月の製造で実に14年間の長きに渡って作られ続けてきた優等生のようだ。
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-20 18:21 | カメラ
2007年 01月 19日

息吹く芽

これも正月の民家園付近で撮影。
春を待ちきれない息吹く芽に新しい年の新しい力を感じた。
e0098619_20514429.jpg
e0098619_2052387.jpg

D50+Micro Nikkor 60mmF2.8D
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-19 20:50 |
2007年 01月 18日

白川郷(うそ)

ここは白川郷。元旦に撮った写真だ。今年は暖冬で雪がない。
って、嘘です。ここは家内の実家近所の民家園。正月料理にお酒と気分がよくなり気晴らしに散歩に出かけました。ついつい写真のアップが遅れていました。(^^ゞ
e0098619_23172975.jpg

e0098619_23175512.jpg

D50+Micro Nikkor 60mmF2.8D
[PR]

by jinchandaisuke | 2007-01-18 23:10 | スナップ