☆じん☆「気の向くままに」・・・へなちょこブログ・・・ 

jinchandai.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 01日

探鳥4日目(最終日):2013年02月24日

今日は朝飯前に今回の道東遠征最大の目玉である知床ネイチャークルーズを体験して中標津空港の午後便で羽田に帰る予定です。
e0098619_2138217.jpg





e0098619_21532812.jpg

夜明け前だというのに羅臼港はホエールウォッチングや流氷目当ての大勢の観光客で大賑わいです。今回我々が乗船するのは流氷のオオワシやオジロワシを観察するバードウォッチングツアー船で乗客の半分以上を外国人が占めていました。船はまだ薄暗いうちから出港します。船は通れる水路を捜しながら氷の隙間を縫うようにして観察ポイントを目指します。
e0098619_21395233.jpg

日が昇り始めた頃には知床半島を目の前に臨むポイントに到着しました。さっそく係員が餌を撒き始めます。「なんだ。餌付けか。」なんてガッカリしないでください。これはこれでいいのだと思います。タンチョウにしたって餌付けて集めていますし人と鳥とのギブアンドテイク・共存共栄です。世界自然遺産の知床と流氷の大パノラマを舞台にした野生のオオワシやオジロワシ達。さあバードウォッチングショーの幕開けです。
e0098619_21555846.jpg

e0098619_21421525.jpg

e0098619_2143498.jpg

e0098619_220461.jpg

e0098619_2235133.jpg

約2時間半のネイチャークルーズも十二分に堪能しました。
e0098619_21461838.jpg

宿に戻って美味しい朝食の後はいよいよ帰り支度で3泊4日の道東の探鳥もこれでお終いです。お世話になった女将さんとも別れを惜しみつつ一路中標津空港へと車を走らせますが、途中最後の探鳥ポイントへ寄り道です。実は昨夜女将さんに教えてもらったエゾフクロウに最後の望みを掛けることにしました。ナビで確認すると飛行機の出発にギリギリ時間でしたが北海道の道路はお天気さえ良ければスムーズに移動出来るので余裕です。
はっきり地名を書いてしまいますが教えてもらった「虹別」に到着するなり女将さんに教えてもらった場所にはフクロウが居そうな大きな樹が見当たりません。近所のコンビニで聞いても知らないと云うし、3人で手分けして付近を捜したのですが全く判りません。たまたま宅急便が来たので運転手さんに聞いてみると“ビンゴ”です。すぐさま車を走らせポイントに到着しました。先客さんも居るようなので安心していると道路脇の獣道から子連れの親子が戻ってきました。話を聞くと「昨日居たという話で見に来たが今日は居ない。」とのこと。3度目の正直と期待していたのですが結局エゾフクロウにはお目に掛かることは叶いませんでした。

せっかくなので塒の樹を写してきました。楽しみは残しておいてまたいつか出逢える時が来るかも知れません。
e0098619_21493177.jpg


昼食4日目(最終日):中標津空港には時間に余裕をもって到着しましたが、搭乗手続きに1名トラブってしまい結局機内に持ち込んだ缶ビールとカツサンドの慌ただしくも楽しい昼食で今回の道東探鳥の旅は終演となりました。探鳥記という形での拙い文章でしたが長々とお付き合いくださいましてどうもありがとうございました。

個体別の写真はいままで通りの形式で別途またブログアップしますのでお楽しみに。
[PR]

by jinchandaisuke | 2013-04-01 21:00 | 野鳥


<< 名残り桜      宿泊3日目:羅臼民宿本間 >>